ホーム タンザニア便り イベント
試飲会
ブログ コーヒー ティンガ
ティンガ
カンガ アフリカ布
使い方
WEB
ショップ
製品
一覧
リンク
アフリカ民話 紅茶 スパイス 取扱店 タンザニアの
お菓子・料理
一般の
お客様
業務用
企業
情報
お問合せ

タンザニアの料理
1.ピラウ
2.カチュンバリ
3.魚のスープ 〜漁師の料理〜
4.タコのスープ
5.タコのシチュー〜ココナッツ風味〜




1.ピラウ


<材料>
米5合、肉0.5kg、ジャガイモ0.5kg、玉ねぎ0.5kg
にんにく、油、塩
香辛料・・・粒こしょう、シナモン、クミン、カルダモンなど。




1.米は洗って、ざるに移しておく

2.肉はぶつ切りにして、先に水から煮て、柔らかくしておく。
  (肉が固そうなときは、しょうがを入れて煮ておく)

3.フライパンに油を多めに入れて、玉ねぎとにんにくが色づくまでいためる。

4.ジャガイモ、柔らかくなった肉もたっぷりの油でいためる。

5.2.で肉を煮たスープと水に、いためた肉、野菜を入れて、香辛料と塩も入れる。

6.スープが煮立ち、ジャガイモが煮えるのを確認したら、米を入れる。

7.時々しゃもじで米をかき混ぜながら、様子を見る。

 
☆このときに、米をこねないこと。

8.米のシンがほとんどなくなったら、、火からおろす。

9.なべにふたの上に炭をおいて、蒸らす。 

 
☆炭を使わない場合は、オーブンに入れてもOK。
 ☆炊飯器で炊く場合は、5の中に米を入れてスイッチを入れる。








2.カチュンバリ


<材料>
 玉ねぎ・・・2個
トマト・・・1個
生唐辛子半分


1. 玉ねぎのスライスに、塩たっぷり、お水少々ふって、がしがしもむ。
2.もみ終わって、水で洗って、絞った玉ねぎに、トマト、生とうがらし、ライムの絞り汁をかけ、塩味を整えて、出来上がり。


出来上がったピラウをお皿に盛って、カチュンバリをたっぷりかけて、右手か、スプーンで食べる!



☆ピラウは、ビリヤニと並ぶご馳走です。冠婚葬祭でもピラウは欠かせません。我が家でも、ラマダーン明けなどのお祝い日には、必ず、米2kg、肉2kg、ジャガイモ2kg、玉ねぎ2kg分のピラウを作ります。今回は、米5合のレシピにしてみました。

☆お米はタイ米などの、ぱさぱさ系の米を使うことと、クミンを思い切りたくさん入れることをおすすめします。(→ピラウの香りは、クミンで決まる!と私はひそかに思っています)

☆ザンジバルの主婦は、熱湯から米を入れて炊きますが、電気炊飯器で炊く場合は、炊き込みご飯を炊くのと同じ要領ですが、ピラウの場合は、日本の常識からはみ出すほど、油多めで作るのがコツです。

☆カチュンバリの玉ねぎスライスは、スライスマシーンを使った超薄切りよりも、包丁で2〜3ミリ程の厚みのあるスライスの方がおいしいと思います。

☆日本の白い玉ねぎは、水っぽいような気がしますので、紫色の玉ねぎを使ってみるのも一考かもしれません。


☆ このレシピでは、牛肉を使っていますが、鶏肉のピラウは、牛肉ピラウよりもご馳走です。(タンザニアでは、鶏肉が一番高いので)

☆写真のピラウは、結婚式で出されたご馳走です。大きなお盆に山盛りよそって、4〜5人で一緒に食べます。

☆この結婚式で振舞われたピラウのレシピを聞いたら、お米50kg、肉が何十kgと始まったので、聞くのをやめました。

☆写真のピラウを食べた後、アフリカフェにしょうがを入れたコーヒーが振舞われました。結婚式ではピラウと並んで、コーヒーも欠かせません。アフリカフェは、結婚式でも大活躍しています。







3.魚のスープ〜漁師の料理
(スープ ヤ サマキ)


<材料>
新鮮なサバかアジ 
玉ねぎ1個、トマト 1個、ライム、またはレモン 塩

1.新鮮なサバかアジを、よく洗って鍋に入れる。
2.玉ねぎの千切り、にんにく少々、トマトのスライス、塩を魚の上に乗せ、水を入れて煮る。
3.魚のだしが出たら、最後にライムをたっぷり搾って、塩加減を調整して、できあがり!

☆これは、ザンジバルの漁師が、漁のあき時間に船の上で作る「漁師の料理」。簡単&さっぱりしておいしいスープです。








4.タコのスープ
(スープ ヤ プエザ)


<材料>
新鮮なタコ・・・ 半分
塩 玉ねぎ・・・ 半分  トマト・・・2個 にんにく・・・1かけら 
青マンゴー、または、ライムかレモン



1.タコをぶつ切りにして、柔らかくなるまで煮る。
2.タコが柔らかくなったら、水を足して、塩、スライスしたトマト、玉ねぎ、にんにく、青マンゴーを入れてさらに煮る。
3.トマト、玉ねぎなどが柔らかくなったら、塩味を整えて、出来上がり。
☆青マンゴーの代わりに、ライムかレモンを使う場合は、トマト、玉ねぎなどが柔らかくなったところで、ライムかレモンの絞り汁を入れて、塩味を整えて、出来上がり。



☆タコのスープは、玉ねぎ、トマトを入れなくてもOK。こしょうをきかせたり、コリアンダーをたっぷりふりかけて味わうのも美味ですよ。







5.タコのシチュー、ココナッツ風味
(ムチュジ ヤ プエザ)

<材料>
干しタコ・・・半分
塩、玉ねぎ・・・半分 トマト・・・1個 にんにく・・・1かけら
ココナッツミルク・・・ 300cc
青マンゴー、または、ライムかレモン



1.干しタコを、水で半日戻す。
2.水で戻したタコを、なべに入れて水から煮る。
3.タコが柔らかくなったら、ココナッツミルク、塩、スライスしたトマト、玉ねぎ、にんにく、青マンゴーを入れてさらに煮る。
4.ココナッツミルクがどろっとしてきて、トマト、玉ねぎなどが柔らかくなったら、塩味を整えて、出来上がり。

☆青マンゴーの代わりに、ライムかレモンを使う場合は、トマト、玉ねぎなどが柔らかくなったところで、ライムかレモンの絞り汁を入れて、塩味を整えて、出来上がり。


☆シチュー用のタコは、もちろん生のタコでもOKです。

☆干しダコには、初めから塩味がついているので、塩を足すときは、必ず味見をしてからにしてください。


☆干しダコのシチューには、ウガリをあわせて食べる場合が多いです。(もちろん、ご飯やパンにも合います)

☆干しダコのシチューを作る際、ザンジバルでは、このレシピに、風味&色付けのため、黄色いターメリックの粉を、スプーン半分ほど入れますが、特になくてもいいので、書きませんでした。

☆タコのスープ、シチューどちらも、酸味を出すために青マンゴーを使います。日本で作る際は、青マンゴーの代用として、ライムやレモンを使ってください。

☆ザンジバルでは、タコは、男性にとってはスタミナのつく強壮剤、女性にとっては、栄養をつけ、お乳の出をよくするための食べ物として人気があります。栄養満点のタコスープで、元気にお過ごし下さい!







バラカのアフリカフェ・ア・ラ・カルト 〜お菓子+タンザニア料理レシピ集〜

アフリカフェを使ったコーヒーレシピは、 →こちら
アフリカンプライドを使った紅茶レシピは、 →こちら
ザンジバルMIXスパイスを使った料理レシピは、 →こちら



アフリカフェホームページ TOPへ戻る